初めてのソロ登山② 八ヶ岳(稲子湯-天狗岳-渋の湯)

デジカメ無くすわ
予定していた電車にも乗れず
2時間押しの工程

1日目は2時間しか歩かない予定だったのでよかった。

小屋には2時過ぎには到着する予定
なんとか大丈夫

ただ、一人だと辛いからって休憩取りすぎない様に気をつけよう





稲子湯から出発です

c0242108_22471169.jpg


c0242108_2246521.jpg


温泉の建物の奥に登山口
c0242108_22481113.jpg


c0242108_22484374.jpg


うん!!
楽しんで来ます!!!

さっきまで大雨が降っていたので
道は小さな小川の様に水が流れていて
急激にぴーかん晴れなので
異様な湿度と熱気で汗ダラダラに

10分程歩くとゲートに
c0242108_225105.jpg


駐車場に止まっていた大型バスの運転手さんに

さっきの大雨大丈夫だったー?と声をかけて頂き

バスの中で先ほど到着したので大丈夫でした

それはよかったー。本当に凄い雨だったんだから!
気をつけていってらっしゃい~

気さくな運転手さんのお蔭で足取りも軽く
一人でも寂しくなかった

えりっこの言うとおり
さっそく癒されている自分がいた

さっきまで雨が降っていたので
葉っぱは大きな滴を携え
太陽に照らされてキラキラしていた

キラキラに照らされた登山道を進んでゆく

c0242108_2256115.jpg


c0242108_22563329.jpg


途中大きな手押しのトラクターみたいのにすれ違う

もしかして、小屋のおじさんが荷揚げしてるのかな??と思いつつ
先に行かせてもらう。

中学生の団体さんにもすれ違う

80人位いたのかな??
挨拶を終えた後、若いパワーをもらった様な気がした

いいなー。
中学で八ヶ岳に来れるのかーって思ったけど
嫌だなーって思ってる子が大半なんだろうな。
かくいう私も昔は山登りなんて大大大嫌い!!!!だったのだから。
泣きながら山に行ってたのだから。

人生分からないものですね

今はこうやって一人で山に来ているのだから(笑)

持ってきたバードコールで遊んでみたり
気持ちよく歩けていた

c0242108_2311661.jpg


はっても30分(笑)
でも、あとちょっとなのね

あーーーーー
これは!!!
有名な木だ
c0242108_2322534.jpg


恐竜に見えるのねん

食べられる写真を撮りたいけど
一人だからできず・・・・・

もうちょい
c0242108_233294.jpg


つーーーーいーーーたーーーー
c0242108_2335418.jpg


c0242108_2341839.jpg


c0242108_2343857.jpg


外にいたワンちゃんと少し遊んだあと
小屋に入っても誰もいなくて
奥にある建物に行き声をかけたら
小屋のお母さんが掃除をされていた

今そっちに行くから中で待ってて~と

お母さんが来てすかさず

いらっしゃいと

クマ笹茶とかりんとうを出してくれる

c0242108_237881.jpg


取り敢えずお茶飲みなさいって

朝からバタバタとしていて
ここでようやく色んな力がぶわーーーと抜けてゆく

よかった、来れて。小屋に着くなりすぐそう思った。

窓の外には
エサ場があり鳥が頻りにエサを食べに来ていた
エサを啄む音のみがして後は本当に静か

c0242108_2393573.jpg


「ウソ」と言う鳥だと言う事

まだ時間もあるし
ここから10分位の所の沢沿いにクリンソウが今
丁度見頃だからお散歩がてら行っておいでと教えて頂いたので行く事に

外に出ると
先ほどすれ違ったおじ様が大量の荷物と共に到着していた

小屋にはお母さんとおじ様のみ

荷物は大量

私ヒマなので荷卸し手伝いますとお手伝いすることに

全て降ろし終わったら
お母さんがすまなかったね。ありがとう。とビールを差し出してくれてけど

飲めない私は
やんわりお断りしたらじゃーコーヒー淹れてあげるわよって言ってくれてけど

発電機か何かが壊れてしまった様でバタバタしていたので
申し訳なかったので
散歩に行ってきます!!と散歩にお出かけ


本沢温泉の方へ
歩いていくとピンク色の可愛らしいお花が

c0242108_23164442.jpg


c0242108_2317062.jpg


c0242108_23171592.jpg


小屋に戻り池の前の外のベンチで

小屋に置いてあった雑誌を読んだり
本を読んだり
ソロで来ていたお姉さんとお喋りしたり

とても静かで
穏やかな空気の中
緩やかに夕ご飯までの時間を過ごした

今夜の宿泊客は
わたし含めて女性5名
ソロがわたし含めて3名
お友達と来ていた2名様
夕食を5人で囲む

c0242108_23211255.jpg

サックサクの鯵フライが凄く美味しかった~

夕ご飯を終え

お布団の上で楽しくお喋りさせて頂く

今回初めましての人なのに
皆さまとても素敵でいい方ばかりで
とても楽しい時間を過ごす

山歴もみんな同じ位で
でも山好き度はみんな同じ位高くって
お山あるある話をして盛り上がり、20時にお布団に入る

暗い部屋の中
みんなの寝息を聞きながら

来てよかったなと心の奥底から思い
なかなか寝付けず
横になりながら部屋の窓から見える月に照らされた稜線をぼんやりと眺めていた

2時間位寝て目が覚めると
雷さんがどこか遠くで鳴っていて

夜空が雷さんの光でピカピカしていた

昼間来られては困るから
夜の内にたくさん鳴ってーーーーと祈りながらまた眠りにつく


朝日が見える様な場所ではないので
5時半頃に起きて支度をする

c0242108_2329018.jpg


ひんやりとした空気がとても清々しい

山に泊まったら=朝日を見る  だけが全てではないなって

これはこれでとても気持ちがいい

山での過ごし方の新しい発見だった

朝ご飯はご飯かパンか選べる

ただ、パンはご飯食の後との事
パン大好き星人のワタシとしては
涙をのむ決断でしたが、6時半には小屋を出たかったので

ご飯食に
c0242108_2332167.jpg


朝ご飯を食べていると
小屋のお母さんがリスが来てるわよ~って

c0242108_23324560.jpg


あああーーなんてかわゆいの

c0242108_23331032.jpg


朝ご飯も済ませ
出発の準備をして

ペアで来ていた方々にご挨拶

お二人共とても良い方で
少しの時間しか過ごしてないので
本当に本当にお別れするのが寂しかった
泣いてしまいそうだった

ソロで来ていたお二人もパン食だったので
食堂の方に行って挨拶を済ませ

小屋のお母さんにもご挨拶

秋がお勧めだからまたいらっしゃい

はい!また来ます!!
今年冬山デビューも考えているので冬も来れたら来たいです!

ここなら安全だから冬も是非いらっしゃい。
冬はバスが無くなってしまうかた、一人だけなら車に乗せてあげれるから。

皆さまに暖かく送り出してもらい
山に来て見送ってもらう事なんて初めての経験だったので

本当に寂しくって
ウルウルしてしまった

少し感傷的な気分で小屋を出発
天狗岳を目指します

c0242108_23402490.jpg

[PR]
by kinokonoyamakko | 2012-08-05 23:45 | 山ログ <八ヶ岳>
<< 初めてのソロ登山③ 八ヶ岳(稲... 青い空 白い砂浜   >>